FC2ブログ

奨学金で人生終了。

ダウンロード


借りていますか?奨学金。






おはようございます!
数か月前から飲食とサロンの経営者の方々
とお会いさせていただいて沢山の学びや気付き
を得ることができている糸山です!


あまり寝れてませんが、楽しいです🌟




さてさて
さっそく本題です。




「奨学金で人生終了」


このタイトルすこし、言い過ぎな気もしますが
実はありえる話です。



まず大前提として、この認識を持ってください
奨学金=借金



あなたは、学校卒業後、奨学金を
返済していかないといけませんか?


もし、答えが「はい」の場合は




あなたは、借金を背負っていることになります。





事実です。



卒業後マイナスからのスタート
だということを自覚しましょう。





もし、払えず滞納すると、、、

《ブラックリストに載ります》

よく言う話ですね。



返済できなくなり、本人は自己破産をし

それが身元保証人になった親に請求がいく

そして親までも自己破産なんてこともあります。



恐ろしいですね、、、





今や奨学金が返せない若者が増えて
社会問題にまでなっています。


「返せますか?その奨学金」



返済できず風俗店でバイトを始める女性

奨学金など出費がかさみ生活が苦しくなり離婚

なども実際にあります。



そのような状態にならないために
どうすればいいのか?


まず、以下の情報を見てください



・返済できず滞納が始まった理由
 1位 家計の収入が減った 61.1%


・延滞が継続している理由
 1位 本人の低所得    47.8%
 2位 親の経済困難    37.8%
 3位 延滞金額の増加   27.8%



返済できていない理由として


収入が低いことが原因にあるようです。



ここで僕から解決策を2つ提示します






1,収入を増やす









2,支出を減らす





実にシンプルですね!





みなさんもおわかりだと思うのですが

2番目の「支出を減らす」ほうが
圧倒的に楽です。





圧倒的に。





僕だと一般的な方と少しお話できれば
すぐに毎月の支出を
5,000円~10,000円は下げれます。



スマホ代
自動車保険
各種カードの使い方
生命保険
医療保険
火災保険
税金
などなどなどなど





見直してみると
無駄に払っているお金が多いんですよね。
(気になった方お気軽に相談ください(^^))




収入を増やすのって
転職したり
ダブルワークを始めたり
となかなか力が必要ですよね。




なので、まず支出を見直し無駄なお金を
排除する。




それでもお金が足りない場合は
もっと稼ぐ(収入を増やす)。




つまり


・お金が足りない

・もっと稼ぐ




ではなく



・お金が足りない

・無駄をはぶく

・それでもお金がたりない

・もっと稼ぐ


というステップの方が合理的です。


なぜならお金が足りないと思っていても
少し収支状況を見直してみたら
無駄なお金を払っていることがわかり
それを排除することでお金に余裕ができるからです。


そうなれば、頑張ってもっと稼ぐ必要もありません。




奨学金で悩まないでいいように
借金だという自覚と早めの対策を
とりましょう!



ページの一番下に奨学金の関連サイトを
載せています(興味が有る方は是非)




マーケティングの神 ダン・ケネディ
のこんな本も紹介しておきます(*゚∀゚)

なんと90日間保証という 笑
満足しなかったら返金してくれる

「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」

http://directlink.jp/tracking/af/1457652/Du5yBfaa/

お金持ちになりたい人は読んどいてください




それでは今日はこのへんで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
糸山勇斗

佐賀県を中心に活動しています^_^

【相談にのれる案件】
・収支状況の見直し
・車の売買
・車検
・結婚式
・旅行の手配
・将来のプランニング
・生命保険、医療保険
・クレッジットカード
・通信(スマホ、wi-fi)
・名刺作成
・自動車保険
・火災保険
・資産運用
などなど



お気軽にお声掛けください!
メール yutoincanada@gmail.com
LINE yu_to0511


自己紹介 ↓

自己紹介の記事








NAVERのまとめにこのようなページもありました。
参考にしてみてください

奨学金の返済を延滞をすると人生終了するかもしれない

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。