FC2ブログ

第9話 「10万達成!正しいアドバイスのもらい方」






hjっっh



この記事はストーリー形式になっています
前回の記事を見ていない方は→コチラを御覧ください



第1話
『凡人が路頭に迷う』
第2話
『一つの出逢いが生き方を変える』
第3話
『4種類のお金の稼ぎ方』
第4話
『夢を叶える自分になるには?』〜最強の自己成長ツール〜
第5話
『決断が先、僕は〇〇を捨てた』
第6話
『夢を叶える近道!村作りという考え方』
第7話
『自力で稼いでこい!糸山〇〇を路上で売る』
第8話
『これをやれ!絶対売れるから。』




ビジネス経験0の凡人が
自力で稼ぎ爆発的に成長して夢を叶える






第9話
10万達成!正しいアドバイスのもらい方












僕:
10万円達成しました!








それは師匠と出逢って
3ヶ月後のことだった。
(2015年7月)




便利屋
転売
路上で写真を売る
イベントの企画運営
など

様々な事をやった。






簡単なことではなかったけど、
10万稼げた大きな要因の一つは







これだと思う



〜2015年6月上旬〜


————《電話》———

   プルプルプル





師匠:
「お疲れ様です。」




僕:
「お疲れ様です。
糸山です。
すみません。
夜分遅くにお電話して。」



師匠:
「大丈夫だよ」



僕:
「あのですね、
僕、今日やることを明日に先延ばししたり
すぐ睡魔に負けて寝てしまったりするんです。
なので、毎日やったことをメールで報告しても
いいでしょうか?

報告できる人がいれば僕も怠けずに
行動できると思うので。
返信はしていただかなくて結構なので。」





師匠:
「うん。わかった。
やる気出てきたみたいだね。」




僕:
「ありがとうございます!
そしたら、毎日メールで、その日やったこと
を報告していきます!
よろしくお願いします。」




師匠:
「うん。そしたらお疲れ様。」




僕:
「はい!お疲れ様です。
失礼します。」



————《電話終了》—————







この日から、僕は毎晩寝る前に
師匠に報告メールを送った。
基本的に師匠からの返信は無い。





僕が最初の頃、師匠に送っていた報告メール
はこのような感じだった



========
やったこと↓

バイトにいく
〇〇と会う
〇〇をするために□□に行く
〇〇という本を読む
〇〇君に夢を語る

=========








すると師匠からこのような返信があった


=================
uuu.jpg
=================



数字で考える習慣をつける。
数字で考えないと、目標に対する
進捗具合がわからないからだ。






そして師匠と出逢い半年間ずっと
言われていたことが


事業レベルで考えろ
ということ。




例えばイベントの主催をするなら

損益分岐点の把握
イベントへの声掛けから何人が参加してくれるか?
(声掛けからの参加してくれる確率を出す)
参加者のキャンセル率
参加者が欠席した理由は何か?何故か?


などなど
挙げればキリがないほど
考え抜かなければならないことがある





ただ遊びでやっているのではなく、
稼ぐためにやっている以上
事業レベルで考える癖を付けなければ
ならなかった。






それに中身計画に書いた理想の自分、
つまり、夢を叶えれている自分は、
事業レベルで考えることができる自分だから。






僕が毎日師匠に報告メールを送る中で、
僕が間違った方向に進もうとしていたら
返信をくれ僕の動きや考え方を修正してくれた。

=================
ii.jpg
=================


こうして数ヶ月間僕は、
毎日メールを送り続けた。




そのおかげで、怠けずに日々の行動を
とることができた。






そんな僕は
師匠とは最低でも週に1回は会っていた。
そして6月のある日、
師匠と話している時に言われた。
     ↓


師匠:
「糸山君、
アドバイスを貰う人を間違っちゃダメだよ。


人は経験したことしか伝えられないから。
糸山君だったら
富士山に登る相談を
富士山に登ったことがある人と
登ったことがない人のどっちに
相談する?」





僕:
「登ったことがある人に相談します。」




師匠:
「もちろんそうだよね。
何でもそうだけど
経験している人にアドバイスを
もらうのが一番。

独立しようとしているサラリーマンが
独立したことない会社の上司に
相談して価値のある
アドバイスもらえると思う?



糸山君が理想としている生活を送っている人
糸山君がなりたいと思える人
つまり、

自分が今後経験することを
すでに経験している人に
アドバイスはもらうべき

なんだよ。」







僕:
「わかりました。
アドバイスをもらう相手は
しっかり選びます。」





こうしてなんとか
自力で月10万を稼げる様に
なった僕は
師匠からプランニング技術や
お金の考え方や知識
支出削減方法などを教わり始め
独立のプランナーとしての活動を始める。





教わるといっても、手とり足取り教わったわけではなく

基本は盗むスタンス

fg.jpg





師匠がお客さんとアポをしている時に
お願いをして隣に座らせてもらい
プランニングのやり方
保険関係の資料の見方
師匠の話し方、
など、

間近で、見て、感じ、メモを取り
自分のモノにしていき、
着実にレベルアップしていった。

ghjlk.jpg









だが、、、、










2015年7月下旬
に師匠から言われた一言
に僕は驚いた。










師匠:
「糸山君、
 就職しようか。





次回へ続く、、、








第10話
『就職する理由』




ーーーーーーーーーーーー
Tさん(師匠)からの教え
・数字で考える習慣を付ける
・事業レベルで考える
・アドバイスを貰う人を間違えない
すでに経験した人にアドバイスを貰う


今日の一冊

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

新品価格
¥2,050から
(2017/6/29 01:32時点)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。